ヴィトンの生地デザイン

ヴィトンといえば。
と聞くと 多くの方はモノグラムを連想するかな。
と思うのですが これは思い込みかもしれませんね。

現在 ヴィトンはモノグラム、ダミエなどの定番の生地デザインをはじめ
エピ、ヴェルニやマルチカラーなど様々な模様があります。

ここで ヴィトンの生地のデザインについて少しお話したいと思います。

まず ヴィトン設立当初は意外にも灰色、グレーの生地をつかっていたそうです。
仕上げたスーツケースにキャンバス生地を張る。というアイデアは当時 新しく
他にはみあたりませんでした。

灰色の次に 1872年にベージュと赤のストライプ キャンバスと呼ばれる模様の生地に変わりましたが
コピー商品が出回ったため デザインの変更と複雑化のためにとうまれたのが
チェス盤のような柄のダミエでした。
ダミエがうまれたのが 1888年です。
しかし 残念ながらコピー商品を回避するために変更したデザインでしたが
これもまた すぐにコピーが出回ったため 1896年にモノグラム柄が誕生しました。

意外や意外、ヴィトンはダミエからモノグラムの歴史だったのですね。
ヴィトン買取でおすすめブのランドファンはこちら。

しかし モノグラムもコピーがでまわる結果となりましたが
ヴィトンはその後も新しいデザインの生地を誕生させています。
白地にカラフルなモチーフのモノグラムは日本人のデザイナーによるものです

金買取してもらう時の店舗選びのコツ

金買取してもらうなら、まず数件の金買取店舗を回ることをオススメします。

金は相場があるので、現在の相場を調べてから行くことも必要です。

あらかじめ金の相場を知っておくと、金買取してもらう時に価格交渉がしやすいという利点があります。

金買取をしてもらう場合、複数の金買取店舗ではそれ程価格が変わらないこともあります。おすすなのはこのブランドファン

しかし店舗によっては、金買取をした時にキャンペーンをしていて、粗品がついてくることがあります。

金買取してもらうなら、こういった店舗を選ぶこともできます。

さらに金買取をする時に大切なのが、目の前で金の重さを量ってくれることです。

計量をする時に奥に行ったり、説明がない店舗は避けた方が無難だと思います。

しっかりと目の前で計量して、金の相場や説明をしてもらうことが必要です。

説明を受けたうえで、価格交渉をすることができることになります。

そして金買取してもらうなら、消費税が増税されるまでに買取してもらうことも考える必要があります。

それは買取に消費税がかかるのではなく、購入する側の駆け込み需要に関係していることもあるからです。

そして金買取をしてもらう時に完品のネックレスだけではなく、片方のイヤリングや鎖が切れたものなどを買取してもらえる店舗があります。

家で眠っているのであれば、恥ずかしがらずに買取をしてもらう方がお得です。

その時に金と、他の貴金属を一緒に買取ってくれる店舗はオススメだと思います。

これなら家の不用品を片付けることができて、タンスの中を整理することができます。

さらに使っていない貴金属を現金化することができます。

この場合、気持ちよく接客してくれることも店舗選びのポイントのひとつになります。

金買取してもらうなら、目の前でしっかりと計量して説明してもらうところがオススメです。

さらに、他の貴金属も気持ちよく一緒に買取してもらうことができる店舗選びをすることも大切になります。

 

保証書が無い腕時計

数年前のボーナスで おもいきって購入したロレックスの腕時計
当時は一目惚れして買ったのですが
最近、もう少しシンプルで男らしいデザインの腕時計が欲しいなと思って
オメガの腕時計を購入しました。

カルティエの腕時計もサブで置いておこうかな。とおもったのですが
出費が続いたので 買い取りに出すことにしました。

とはいえ、購入当時は売ることなど まったく考えていなかったので
箱や保証書などは処分してしまいました。

家電などの取扱説明書なども すべて取っておくとかさ張るし
きりがないので 処分してしまう性格なのですが
保証書が無いと さすがに買い取ってもらうのは厳しいかなと思っていたのですが
どうやらウォッチファンなら 保証書が無くても買い取ってもらえそうだったので
買い取りの依頼をしてみました。

査定の金額を聞いて 保証書が無いにもかかわらず
思っていたよりも高値での買い取りをオファーしてくれたので
ウォッチファンさんに買い取りをお願いしました!

これで予想外の出費の分もカバーできたので
大変 助かりました。
また 腕時計を売る時はウォッチファンさんにお世話になろうと思います。

 

時計買取関連おすすめサイトリンク

エルメスとサック オータクロアの歴史

馬具工房としてフランスで設立されたブランド、エルメス。

1837年に初代エルメス氏によって設立され、主に馬具関連の製品をつくっていたと言われています。
馬での移動が多かった時代、様々な馬具製品を制作していたと考えられますが
乗馬の際にサドルに取り付けられる カバンのようなものも作っていたのではないかと考えられます。
飲食類や小物など、移動の際に入れられると便利ですから
エルメスは その革製品の制作知識を用いて あくまでも馬具としてのカバンを作っていたと思われます。

そんな中 時代の流れとともに
馬ではなく 車が発達し、ライフスタイルは変化していきました。

ちょうど その頃、初代エルメスの設立者の孫にあたる 3代目のエルメス氏は
馬具以外の製品を展開させていたのが みごとに時代の流れとタイミングが合ったと言われています。

後に革製品以外の時計や服飾製品なども幅広く積極的にエルメスの製品として発表した3代目のエルメス氏ですが
彼の考案した製品の中でも 最も存在感のあるものは サック オータクロアとよばれるものだと思います。

サック オータクロアは いわば、ハンドバッグの原型といわれています。
持つ、取手があり 中身が見えたり こぼれ落ちたりするのを防ぐために
フタのような形の部分をカバンの前面に覆うことでの開閉をする形。

この形を考案したのはエルメスだといわれています。
そんなエルメスを中古で売れます。エルメスの買取ならブランドファンがおすすめです。

この サック オータクロアはオタクロアやオータクロア、オタクロと呼ばれています。

シャネルの創立者 ココ シャネル

シャネルという ハイブランドの設立者、ココ シャネル。
彼女が 世の中、特に女性の生き方の多様化に与えた影響は多大です。
彼女の「女性は自由であるべき」という精神は現代の世の中に息づいています。

そんな ココ シャネルというひとりの女性ですが
当時は 今でいうマスコミのかっこうのゴシップネタでした。

ウーマンリブを推奨する彼女が発表したシャネルのコレクションは
常に斬新だったものの、確実に世の中で好評だったため
否が応でも 目立っていたと考えられます。

マーガレット サッチャーやマリー アントワネットのように
時代、時代に現れる人を惹き付ける女性の一人ですし映画にもなっています。

日本人を対象に行われたアンケートで 「好きな偉人」でも
織田信長や豊臣秀吉、坂本龍馬などの日本史に名を残す偉人、
エジソンやライト兄弟、ノーベル、ダヴィンチ、アインシュタインと共に
50人の中にココ シャネルの名前は入っています。

多数の男性との交遊関係が当時はココ シャネルという人物を悪女のように言っていましたが
近年 分かってきたことは、ココが女性として火遊びを楽しんでいたのではなく
無名にアーティストを支援したり、すでに成功している企業の代表などと 真面目な話をしていた。
と言われています。
当時 ココ シャネルが支援していた無名のアーティストの一人に あのピカソなどがいます。

そんなシャネルは中古でも高値で売れます。買取ならこちらのブランドファンがおすすめです

クロムハーツ買い取り「個性と他人」

ファッションで個性を。

というのは 全くファッションに関心が無い方以外にとっては

大きなテーマですよね。

自分らしさを演出したり

新しいスタイルを取り入れてみたり。

ところが ちょっと難しいのが

自分の個性を演出する為の要素が

世間や他人と「かぶった」場合。

経験がある方も多いのではないでしょうか。

個性を出すたもの要素が

いつの間にか 流行って、右をみても左をみても

同じようなファッションを取り入れている人達で溢れていると

個性の行き場が よくわからなくなります。

例えばクロムハーツなども

個性の一環として身につけていたのに

気付いたら 周りがクロムハーツだらけで つけるのをやめてしまった。

という方もいらっしゃると思います。

そんなクロムハーツの買い取りをさせていただいていますので

もしよろしければ ご連絡お待ち申し上げています。

クロムハーツ買取のクロムマニア