ヴィトンの生地デザイン

ヴィトンといえば。
と聞くと 多くの方はモノグラムを連想するかな。
と思うのですが これは思い込みかもしれませんね。

現在 ヴィトンはモノグラム、ダミエなどの定番の生地デザインをはじめ
エピ、ヴェルニやマルチカラーなど様々な模様があります。

ここで ヴィトンの生地のデザインについて少しお話したいと思います。

まず ヴィトン設立当初は意外にも灰色、グレーの生地をつかっていたそうです。
仕上げたスーツケースにキャンバス生地を張る。というアイデアは当時 新しく
他にはみあたりませんでした。

灰色の次に 1872年にベージュと赤のストライプ キャンバスと呼ばれる模様の生地に変わりましたが
コピー商品が出回ったため デザインの変更と複雑化のためにとうまれたのが
チェス盤のような柄のダミエでした。
ダミエがうまれたのが 1888年です。
しかし 残念ながらコピー商品を回避するために変更したデザインでしたが
これもまた すぐにコピーが出回ったため 1896年にモノグラム柄が誕生しました。

意外や意外、ヴィトンはダミエからモノグラムの歴史だったのですね。
ヴィトン買取でおすすめブのランドファンはこちら。

しかし モノグラムもコピーがでまわる結果となりましたが
ヴィトンはその後も新しいデザインの生地を誕生させています。
白地にカラフルなモチーフのモノグラムは日本人のデザイナーによるものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>